自分に合った有料老人ホームを

一口に有料老人ホームといっても、各施設によって多様な種類や定義があることに驚かれた人も多いのではないでしょうか。介護が必要な人専用の介護型有料老人ホームがあります。介護型では介護や食事などの日常的なサービスを提供します。要介護度に応じた一定の金額によって、また介護保険を利用することによって必要な分が提供されます。介護体制が安定している点、充実したレクリエーションがある点、外部の介護サービスを受けることはできない点などが特徴的です。

住宅型の有料老人ホームは介護が必要ではない人が将来的に介護が必要になった際にも入居の継続が可能です。介護度と介護費が比例する点、介護体制は各施設によって異なる点、お風呂やトイレやキッチンがついている部屋が多い点、外部の介護サービスの利用が可能である点などが特徴的です。住宅型の有料老人ホームは介護が不要の人が入居します。日常的な介護は不要であるが日々の生活に不安を感じている独居高齢者や、家事や身の回りのことが面倒な高齢者を対象としています。住宅型の有料老人ホームでは生活を快適にする為のサービスが中心となります。介護が必要になった際には外部の介護サービスを利用することが可能である場合と、入居契約が不可となる場合があります(各施設によって異なります)。施設によっては併設されている介護付きの施設に移動することもあります。

有料老人ホームの多様化によって、選択肢が増加しています。自分に合った施設を見つけることが第二の人生を快適に過ごすポイントです。入居前に自分自身の価値観やライフスタイルなどを把握することがいいでしょう。気持ちを整理することによって自分なりに基準を持つことができます。自分の性格、好きなことや苦手なこと、人付き合いについての考え方(人との距離感についての考え方)、趣味や習慣、施設に対する希望などを箇条書きで書いてみることによって、自分の考え方を整理することができます。施設によっては介護の有無や年齢などの入居条件が定められていることがあります。介護の有無、医療行為の有無、認知症の有無など自らの健康状態や身体状況を把握しておきましょう。有料老人ホームへの入居には資金が発生します。資金運用の計画を立てることも大切です。入居前の準備金(入居金や月額費用の前払いなど)から入居後に発生する収入や入居費(居室費用、管理費用など)をしっかりと把握しておくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*